発生から症状固定

交通事故に遭ったらまずは警察への届け出が必要となります。

その場で警察に連絡せずに示談を申し込んでくるような人もいますが、このような交渉に応じてはなりません。

警察を呼びたくないという方はたいてい何かしら後ろ暗いことがあると思いますし、もしかすると飲酒運転や薬物使用などの疑いもあります。その後、治療の必要があれば病院で治療を受け、入院の必要があれば入院することになります。

症状固定になると保険会社から治療費打ち切りなどの要請が入ると思いますが、こうした要請については慎重に対応しなくてはなりません。症状固定の状態になってしまうとそれ以降にかかった治療費や交通費などが請求できなくなってしまいます。

保険会社としてはできるだけ出費を少なくしたいと考えていますし、早期で治療費や交通費も打ち切りたいと考えています。そのため、症状固定になるとすぐに治療費や交通費を打ち切りたいという要請があるはずです。

無理に症状固定にする必要はありませんし、主治医が医学的に判断してくれますから慎重に対応することです。主治医とよく相談し、慎重に判断してもらえば良いでしょう。急いで症状固定にしてしまうと結局自分が損をしてしまいます。

関連:後遺障害等級認定と示談成立